SEOとIPアドレスの関係

SEO は漫然とただ対策を行っていればいずれ良くなるのではないかというのは大きな誤解をはらんでいます。実際に外部対策を行う場合には、注意深く対策を行わないと、簡単に順位が辛くしてしまう危険性を持っているのです。そしてSEOとIPアドレスの関係は非常に深いと考えられているのもまた事実なのです。

SEOとIPアドレスの関係としてよく知られているのが、ブログにおけるIP分散ではないでしょうか。IPアドレスが同じであるということが関係するほどのレベルまで行く場合はある程度の対策をすでにし始めている人ということになると思うのですが、SEO的にはIPアドレスを同一人物からのものということを区別できるようにアピールしていくことこそが重視されているといえます。

そもそもIPアドレスはインターネット利用者で有れば必ず持っているもので、それを使っているからこそインターネットを利用できるということも言えます。パソコンでどこかに通信をする際には必ず場所を特定して、その先に通信を行うと言うことが可能になるのです。検索そのものもこのIPという住所に対して通信しているのであって、その通信相手を探す役割が検索エンジンの一端にもあると言うことなのです。

【おすすめサイト】
SEO対策

SEOとページランクの関係

近年、注目されているSEO対策の一つとしてSEOとページランクの関係が挙げられます。ページランクというのはもしかしたら聞き慣れい方もいるかもしれないですが、簡単に示してしまえば、リンクの収支結果をレベルで示しているということになります。

リンクというのは発リンクと被リンクの2種類でそれらの総合的な収支がそのページのランクに関わってくるということが挙げられるのです。もちろんただリンクを送ったり受けたりしているだけが素のランクに関わるのではなくグーグルが提示する条件をうまくカバーすることによってページランクはおのずと上げることができると言われています。

ページランクが重要視されるのはそのページが受けている被リンクが質の高いものであるかどうかを個のランクは見極めるところにあります。もちろん、必ずしもランク上げが評価その物を劇的に引き上げてSEOの対策になると言うと語弊があるようなのですが、自分のサイトがどの程度のランクなのかということを客観的に知っておくことも決して無駄ではないということが言えるでしょう。

SEOとページランクの関係が取りざたされるのは、ランクは0~10まであって数字が大きいほどいい評価であるということが客観的な評価を確認できるという点にあるからではないでしょうか。

被リンクのSEO効果

SEO対策を実施する上で以前から利用されている方法として被リンクを送ると言うものがあります。では被リンクのSEO効果はと言えば、これこそ鉄板といえるほど、未だに効果のある手法の一つとして数えられています。被リンクのSEO効果の真実味を示しているのは個人的な実感だけでなく、業者によっても対策の一環としていまだに利用され続けているということからもその効果のほどがうかがい知れるのです。グーグルのアップデートでもその被リンクに対する送り方に注目が集まったのは記憶に新しいですが、被リンクが効果的な反面、その扱い方を間違えると評価が落ちるなど大やけどをおってしまう可能性もあり得るのです。

被リンクのSEO効果は、そのリンクの量だけで決まるわけではありません。むしろアップデート以降はその質が求められてきているということが頻繁に言われているほどです。リンクの質というのは、全く無関係なサイトからぽつんとリンクが送られていたり、おなじブログサービスからばかりであったりということが評価を下げたりしています。

リンクとして評価を受ける際に必要とされているのは、如何に自然にリンクが送られているかという面が有力視されていることもあるということがリンクを送る際にとどめておきたい重要事項なのです。